• 1920年代
    1923年
    創業者である佐藤秀雄が、大阪市港区市岡通り1丁目10番地において「佐藤紙器工業所」を設立。丸筒製造専門工場としてスタートし、主として電気業界に販路を開く。
  • 1930年代
    1932年
    「合名会社昭和丸筒工業所」に改組。この頃より、大阪陸軍造兵廠の指定工場になり、薬莢蓋、鉄砲弾丸筒容器などの製造に着手する。
    薬莢蓋
    当時の薬莢蓋の材料には、雁皮等で漉いた“鳥の子紙”を使い、それを何枚も張り合わせて、プレス成型して製造した。
  • 1940年代
    1943年
    株式会社昭和丸筒となる。 佐藤秀雄が代表取締役社長に就任。資本金10万円。 陸軍造兵廠監督工場に指定される。
    1948年
    独自の技術によって、化繊用各種紙管の製造を開始。
    1949年
    コーン紙管完成。
    コーン紙管
    昭和24年に完成した、抜群の強度をもったレーヨン糸用コーン紙管は、「糸へん景気」の波にのり、飛躍的に販売量が増大。
  • 1950年代
    1952年
    チーズ紙管完成。
    分散していた工場を現在の大阪工場に統合。
    1954年
    ナイロン用紙ボビンの開発に成功。
    ヤーンキャリア
    揺るぎない企業基盤を築いたヤーンキャリア群。
  • 1960年代
    1964年
    3月オーストラリアTCT社と資本・技術提携に調印。同時にアメリカ・ソノコプロダクツ社、イギリスTPT社、アメリカDMM社、クリセントプラスチック社とそれぞれ技術導入契約を結ぶ。
    8月、昭和プロダクツ株式会社(資本金1億5,000万円)を設立技術導入を開始。
    1966年
    大阪工場に鉄ホビンの自動塗装設備の完成。鉄ホビンの防錆技術、表面処理を確立、量産設備完成。さらに、コーン紙管生産ラインを増設。
    社長・佐藤秀雄が死去。代わって佐藤㓛が代表取締役社長に就任。
    1967年
    昭和化成工業株式会社(資本金800万円)を設立
    鉄ボビン&プラスチックスリーブ
    鉄ボビンは、従来、塗装後自然乾燥していたが、大型乾燥器による強制乾燥で品質・生産性が向上した。海外からの技術導入により、優秀な生産性・品質で爆発的に売れたプラスチックスリーブ。
  • 1970年代
    1972年
    コンポジット缶使用の「タッチポン」が全国に発売される。
    1975年
    POY、DTY用紙管を開発、量産を開始。
    コンポジット缶
    量産化され始めた頃のコンポジット缶。昭和38年、ソノコ社より技術導入で開発されたコンポジット缶は、昭和47年豊洲製菓の“タッチポン”が、量産化第一号となった。その後、スナック菓子を中心に急速に普及。
  • 1980年代
    1980年
    トナー容器、Hコアー、地球儀の製造を開始。
    1987年
    昭和エンジニアリング株式会社を設立。プラスチック製品金型製造に進出。
    トナーカートリッジ・トナー容器
    コピー機器の急速な普及とともに、トナー需要が拡大。当社の技術を活かしたトナー容器が、事務機器合理化の波に乗って飛躍的に躍進する。
  • 1990年代
    1990年
    昭和プレス工業株式会社を設立(資本金2,000万円)合弁会社ソノコアジアの設立。昭和丸筒資本金1億円に増資。
    1992年
    PAXYシリーズの製造を開始。
    1994年
    英国ケンブリッジ大学と「紙のトライボロジー」につき共同研究契約を締結。
    1995年
    社長・佐藤が代表取締役会長に、佐藤潤が代表取締役社長に就任。
    1996年
    オランダIPN社とCCS(クリーンクリックシステム)のライセンス契約を締結。
    1997年
    「昭和ミュージアム」開館。
    1998年
    8月、“XY”ペレット量産開始。
    12月、鈴鹿事業所にてISO9001取得。
    1999年
    昭和丸筒本社を大阪市北区から東大阪市に移転。
    クリーン・クリック・システム
    専用ディスペンサーと交換式カートリッジパウチで構成する流体吐出用パッケージシステム。環境効率、経済効率、使用効率、いかなるシーンにおいても優れた性能を発揮するシステムです。革新的発想と優れた技術が次世代のパッケージを築きます。
  • 2000年代
    2002年
    7月、 昭和プレス工業株式会社を解散。
    10月、昭和丸筒香港有限公司(資本金HK$300,000)を設立。
    12月、岐阜事業所にてISO14001取得。
    2003年
    昭和丸筒香港有限公司、中国内で委託加工生産を開始。
    2004年
    10月、桜紙管工業株式会社の事業を継承
    2005年
    社長佐藤潤が代表取締役会長に、岩本泰典が代表取締役社長に就任。
    2006年
    3月、茨城紙管株式会社の事業を継承
    2007年
    3月、中期事業計画クリエイト!NEW SHOWA策定。(3ヶ年計画)
    8月、昭和丸筒香港有限公司、中国内での生産を終了し、日本国内へ生産移管。
    2008年
    8月、大字紗筒股有限公司の所有株式を売却。
  • 2010年代
    2010年
    4月、ISO9001認証をグループ全社に拡大
    2010年
    6月、株式会社パックプラスを会社分割により設立
    2011年
    4月、ISO14001認証をグループ全社に拡大
    2013年
    4月、昭和丸筒香港有限公司の登録を抹消する。
    11月、創業90周年を迎える
    2015年
    10月、社長岩本泰典が取締役副会長に、湯浅祥弘が代表取締役社長に就任