紙製だけでも抜群の耐水性。更に、紙+プラスチックのハイブリッド素材は、
湿度による強度劣化が少ない特徴があり、装着、組み立てなど
加工作業にも最適です。

薄い紙を何重にも重ねて硬く圧着している紙管は段ボールなどと比較すると高い耐水性があります。梱包骨材であるソノポストは、その紙管製造技術を駆使し、生産されています。
更に、再生プラスチックを芯材とする紙+プラスチックのハイブリッド素材は、抜群の耐水性がありながら、接着や組み立て作業などの作業でもその使い易さが実証されています。

水特性

紙管から作られているソノポスト

湿度に対しての劣化率が段ボールと比較して小さく、段ボールなどと比較すると抜群の耐水性があります。

紙を幾重にも巻いている紙管の構造

パクシーシリーズは、再生樹脂+古紙で成型され、耐水性に優れています。

紙と再生樹脂との混合品の成形品で、湿度による強度劣化が少ない特徴があります。

古紙とリサイクル樹脂を混合し成型される芯材

工・組み立て特性

優れた加工性があります。

紙系なので切断、接着、切削加工、組み立てが容易です。 紙アングルの接合は、専用のステープラーを使い、片手で簡単に操作できます。
ステープル端の巻き締め機能により、従来のタッカーのように振動や衝撃で抜ける心配がなく、接合強度も非常に高いのが特長です。

  • 切削作業

  • ステープラーによる
    結合加工1

  • ステープラーによる
    結合加工2

  • ステープラー