これから
新素材を解明して、
昭和丸筒の未来を
明るくします。

岩野瞳 Hitomi Iwano

2016年入社/生産本部
技術開発部 研究開発課

昭和丸筒に入社した理由

私は、理系の女子大でポリマーの研究をしていました。周りの友人たちは大手のメーカーや研究機関を志望する中、私自身が大手企業は規模が大きくて仕事のイメージが掴めなかったので中小企業での就職を志望し、たまたま近鉄奈良線で通学していたときに名前を目にしていた昭和丸筒へ。ちょうど面接を受けるときに、自分の研究分野ではなかったのですが、セルロースナノファイバーという素材が気になっており、面接でセルロースナノファイバーの魅力について語ったのですが、まさか入社してすぐにセルロースナノファイバーを扱うグループの担当になるとは夢にも思いませんでした。

実際に昭和丸筒に入社してみて

今は、製品に使う素材の品質検査が主な業務です。入社して1年目なのに、自分が興味を持っていたセルロースナノファイバーという最先端な素材を扱えるのも、昭和丸筒がチャレンジ精神を認める企業だからだと思います。電子顕微鏡でその素材の表面の形状を見たり、他の素材と組み合わせると現れる変化をさまざまな試験方法で確かめることは本当に楽しいです。素材もそうですが、大学で使ったことのない測定装置や入ったことのない機関を利用できるのはとても新鮮。昭和丸筒は、自分が興味あることを積極的にチャレンジしていけば実現できる会社だなと思いました。

昭和丸筒の雰囲気は?

先輩や上司を見ていると、自分の仕事だけに注力するのではなく、現場の方々とコミュニケーションを取ることも大切にしているなと感じました。業務中はもちろんですが、BBQやバス旅行といった社内行事のときに、先輩方が間に入ってくれて普段話さない別の部署の方々ともじっくり話すことができました。コミュニケーションは仕事を円滑に進めるコツのひとつだと思います。そういった意味で昭和丸筒の特徴は、先輩や上司を見て自分たちも下の世代に同じことをして、会社全体を盛り上げていこうという精神性です。しっかり人の顔が見えて、関係を作りながら仕事ができることは、もしかすると大手企業では味わえない醍醐味かもしれません。

これから昭和丸筒でチャレンジしたいこと

今後、セルロースナノファイバーをはじめ、さまざまな素材を紙管に使うにはどうしたら良いのかを研究し、製品化につなげることが目標。あとは社内やグループ会社に、若手の女性社員が増えてきて、コミュニケーションをとる機会もたくさんあるので、今後は女性にしか分からない悩みなどを聞けるような場も作れたらと思います。

これから昭和丸筒で一緒に働く方へ

自分で考えて、そのことをしっかり口に出して伝えることができる人と働きたいです。私も先輩や上司に自分の意見や考えを伝えたことで踏み出せたこともあります。また、大学で学んできたことではなくても、自分がさまざまなことを学んできた「過程」は生かせるはずです。ぜひ、昭和丸筒で新しいことにチャレンジしてみてください。

一日のスケジュール

7:45出社
出社したらまずはメールのチェック。
8:10ラジオ体操
業務開始前に社員全員でラジオ体操。
8:15朝礼
月曜日はチーム内で業務捗状況報告。業務開始の段取りをチーム全員で確認します。
9:00サンプル作成
上司からの指示に従ってサンプルを作成。
12:00昼休憩
会社の近くのお店でランチ。美味しいご飯を食べてリフレッシュします。
12:50報告資料作成
作成したサンプルの報告資料の作成。説明は簡潔で分かりやすい資料を心がけています。
17:10帰宅
翌日のスケジュールを確認して帰宅。