WORK
仕事を知る

大きくは4つの職種に分かれ、一人ひとりが、独立したスペシャリストでありながら、共通の目標に向かって全員が意識を高めて取り組めるチーム体制です。

生産管理職

生産管理の仕事は利益を生み出すコントロールタワーです。
決められた時間内にお客様の指定された数量を納期通りにお届けすることを第一に仕事を進めています。
常に情報の共有をして、今生産している製品のここに注意して検品をしなければならないなど注意点をチームで統一するよう心掛けています。
又仕事の段取りを常に考えます。段取りがよくないと生産に支障をきたしてしまっては問題です。
ムリなく効率よく生産が出来るように生産計画を組んだり、原材料の手配をかけたりします。
段取りは経験値が必要ですが、営業スタッフ・製造スタッフ・開発スタッフと常に情報共有することで
仕事の進め方を予測したりします。
予想どおり製品発注が来ると、この考え方で正解だったと嬉しくなるのが生産管理職の醍醐味でもあります。

製造技術職

技術開発の仕事は研究開発課の考えた製品構成でクオリティーの高いモノを確実に作れる機械を製造することです。
いくら高品質の製品を作ったとしても、生産性が下がってはいけません。
生産性を高めながら良い製品を作る為にはどうすればよいかをいつも心掛けて仕事を進めています。
そして何より機械を触る製造スタッフの安全が最優先です。
うっかり手を出してしまわないよう安全カバーの設置・ボタンの二度押しなど
安全配慮の施策は製造技術スタッフ全員が常に気を付けているところです。

研究開発職

研究開発の仕事は製品のレシピを作るようなところがあります。
開発当時100%の品質が出せる出来であった製品も10年20年と年月を重ねるとどうなるでしょうか?
時代の流れのなかで、新たな素材が台頭してくるのはよくあることです。
新たな素材を利用して今より品質面や価格面でお客様が満足していただける製品構成(レシピ)を考える。
新たな素材を利用することで、今より現場のスタッフが作り勝手のよい作成手順を考える。
今が100%ではないと常に市場に目を向け「よりよい製品を開発し、お客様に満足していただく」ことをモットーに
今日も業務を進めています。

営業職

営業職の仕事で判りやすいのは自分の売った売上金額が数字として見えることです。
当社では毎月月間売上MVPを選出し社長朝礼で紹介しています。
MVPを獲得するには、お客様に信頼していただき「昭和製品を購入しよう」と思っていただけることです。
昭和丸筒のファンになっていただく為、営業職スタッフは自分のスキルを日々磨いています。
製品知識を身に付けたり、お客様について知るよう努めたりとお客様の相談相手になれるよう日々努力を積み重ねています。
営業職はお客様のご要望に素早い対応が出来るように、常に社内スタッフと情報共有を欠かしません。
常に前に進み続け考動することが求められます。