ようこそ昭和丸筒グループのホームページへ。

昭和丸筒グループは大正12年の創業以来、今は懐かしい乾電池の紙筒、繊維・フィルム用の巻き芯、食品ラップ用の紙筒、食品用や建築用の円筒容器など、97年の歴史の中で皆さまの生活を豊かにすることを願い、高品質の紙管・樹脂製品を時代に応じて開発・製造・販売してまいりました。
永年にわたる皆さまのご愛顧に深く感謝申し上げます。

フィルムや繊維の生産に欠かせない紙管、信頼性が求められるクリーンルームでのメディカル用精密樹脂容器、環境保護に対応した紙パレットなどの輸送包材などの事業で縁の下の力持ちとして社会に貢献すると共に、業界に先駆けて、ウエットティッシュ「パピエル」や、お湯が無くてもお燗が出来る発熱機能付き容器など、創意工夫と独自技術でより広くより直接的に社会に貢献する取組みを続けてまいりました。

昨年は新型コロナウイルスという社会の最大の困り事に対し、飛沫感染防止のためのパーティション、テーブルマスク™️を発売し、事業継続と職場での安心のため多くの企業でお使いいただいています。
今月から緊急事態宣言などで危機的な状況にある飲食店への支援のため、テーブルマスク ダイニングの出荷を始め、微力ながらも世界的な危機を乗り切るお手伝いができればと考えております。

時代は変わり続けますが、社名にある昭和という時代の良さを持ち続け、今後とも、皆さまの生活を豊かにすることを従業員の喜びとして、「素直な心」と「感謝の心」を忘れず「日に新た」の気持ちで前進する昭和丸筒グループであるように更に努めてまいります。

令和3年1月1日

株式会社 昭和丸筒
昭和プロダクツ株式会社
代表取締役社長 湯浅 祥弘
[ プロフィール]